今回は新しく実装された、





EXシンク





について解説と評価をしていきたいと思います!



最近のアビス押しが凄いことになってますが年末のアンケ結果が反映されているのかな ・・・


EXキャラは基本的に何かに特化していることが多いのですが今回は、






軽さ






でしたね!

それでは何が軽いのか解説、考察していきましょう!








SSR シンク(EX召喚)
IMG_9170
IMG_9171
IMG_9172
※画像提供は同じギルドのでゅるさんから!感謝!


~適正~(C~Sの4段階評価)

<無凸時>
ソロクエ・・・A
闘技場・・・A
マルチ・・・A

<フル覚醒時>
ソロクエ・・・S
闘技場・・・A
マルチ・・・S



メモスト・・・A



~評価~

アビスの六神将のシンクが登場!

今回皆さん驚かれたと思いますが、「真限凸ボード」の解放後のステータスになっているので高く感じますが、Lv100はおおよそ20%低いステータスと見ておきましょう!


ステータスは攻撃寄りになっていてHPが低め。


術技は範囲攻撃と単体攻撃二つともリキャストが2ターンとかなり高回転で術技撃てるのが強みの一つ、しかも範囲攻撃には攻撃力バフもついているので絶えずバフがかかっている状態になります。


秘奥義がまさかの、





OL120





軽すぎ(笑)

コンウェイと同じ速さという・・・(笑)



ここが最大の比較ポイントになると思うので早速解説します。



最大の比較ポイントは、





攻撃力を伸ばす
敷居の低さ






に、なるかと思います。


コンウェイの場合は完凸ダオスが合わせるキャラとして筆頭になるのですが、EXキャラなので用意する敷居が高いです。


シンクの場合SRコングマンが「格闘攻撃29%アップ」と優秀なスキルを持っていてかつ低レアなので用意しやすいです、が戦闘要員としては能力が低いので完全に後ろ要員です。


後は風属性の格闘ということで同属性のSSRベルベットコハクとも組みやすく属性パでも活躍しやすいでしょう。


コンウェイと違い攻撃力を盛りやすいのがシンクの強みですね。



後は範囲攻撃と全体攻撃の違いもありますね、そこは闘技場環境の話もありますので一緒に解説します。



闘技場環境でのシンク全体攻撃がいまだに健在なので若干適正が落ちます。


トップ環境の話になりますが地属性耐久パが相手だと止まります・・・が組んでいる方自体が多くないのでそこまで気にすることは無いかな・・・

シンク×クロノスとか格闘範囲攻撃パとかも面白そうですね!


現状の環境は一強時代なので風属性に新しく火力枠としてガイアスよりも使いやすい性能にはなりますが、シンク単体でこの環境を覆すことは難しいでしょう。



マルチやソロでも2ターンで秘奥義撃てるのは周回向けと言えますし、OLが軽いということは秘奥義の撃つタイミングが選べる点も高難易度では強みになります。


限凸ボードもアタッカー適正の高い内容になっていて思った以上にダメージが出せることでしょう、回避4%がなんとも言えない感じですが0%よりはいいのかな。



メモストも格闘攻撃30%アップなのでこれもシンクに使えたりベルベットでもOKなので強いといえるでしょう、覚醒スキルもかなり優秀なものになっているのでまずはキャラ凸から進めましょう!









こんな形のとんそく考察になります!


シンクは単体でもなかなか強いキャラ属性パでも噛み合いが強いので風属性にまた追い風が吹いてますね!



また月初のチラ見せキャラにアビスキャラがいるみたいなのでアビス勢のお財布が心配です・・・
(;^ω^)




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

Twitter:@butano_asi
テイクレID:475-927-992

ミラティブ配信もやってます!
フォロー頂ければお返しします!
フレンド申請は一言いただければ承認します!

by:とんそく
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★